プライバシーへの取り組みは強化されている?

“今では、子どもでさえもスマートフォンを利用する時代となっているため、子どもがスマートフォンを利用することで、迷惑行為(プライバシーを知られるなど)の被害に遭わないか・・・を、真面目に考えている親も増えてきました。
また、スマートフォンの最新機種について調べると、android端末のほとんどがプライバシーへの取り組みを強化している、このような案内を出していることが多いです。しかし、具体的にどのような強化しているのか不透明なので、さらに状況を探ってみると、以下のようなところに力を入れていることが良くわかりました。
まず、現代のスマートフォンは「自動的にアップデートがかかる」ため、android端末の再起動は不要です。その他にも、「親の意思で利用範囲を決める」ことが可能になっているため、アプリの利用についても「拒否する、許可する、使用中のみ許可する」といった、段階別の利用制限をかけることが可能になっています。”

「Galaxy S10(SCV41)」は本当に多機能?

“世界中で話題になっているSamsung(サムスン)のGalaxy S10(SCV41)ですが、以下のような特徴を持つハイスペックスマートフォンのため、販売前からかなりの期待を集めています。
まずGalaxy S10(SCV41)は、「CPUがSnapdragon855」となっているため、CPUでは最高水準のものが搭載されています。しかもGalaxy S10(SCV41)は、「トリプルレンズ、AI搭載カメラ機能付き」となっているため、話題の新機能を使ってみたい人にとっては、他では替えのきかないスマートフォンに仕上がっているのです。
また、現代のスマートフォンではお馴染みの「おサイフケータイ、フルセグに対応」しているため、一般的なスマートフォンの機能はすべて搭載されています。その他の機能では、「画面内指紋認証対応、保護フィルムの貼り付け、ワイヤレス充電」なども採用されているため、価格は高く、インカメラはシングルレンズの点を除くと、最高水準のスマートフォンとして評価できます。”

「HUAWEI nova lite 3」の性能アップは本当?

“スマートフォンの最新機種というと、新しい機種が出るたびに「性能アップを謳っている」ことが多いです。
そのため、パソコン、スマートフォンの性能をチェックする方法である、「ベンチマークスコア」を試す人も増えてきました。そんなベンチマークスコアでは、HUAWEI nova lite 3のような、驚異の性能アップに成功しているスマートフォンもあります。
HUAWEI nova lite 3は、ベンチマークスコアが12万超となっているため、同価格帯のスマートフォンの中ではトップクラスの性能となっています。しかもHUAWEI nova lite 3は、HUAWEI P20 lite、nova lite 2のベンチマークスコアが「8万台だった」ため、余計にそのことが評価されるようになっているのです。
その他のベンチマークスコアでは、CPU57135、GPU27423、US35791、MEM8595となっています。”

CPU「オクタコア」が選ばれている理由

“ミドルレンジモデル、ハイエンドモデルのスマートフォン選びで悩んでいると、ゲームアプリ、動画視聴、SNSなどインターネット利用がサクサクになる、「オクタコアCPU搭載」のものを選んだほうが良いとされていますが、こちらは概ね間違っていません。
CPUというとクロック数が気になるものですが、同時に「コア」にも注意したほうが良いのです。時代に伴いコアは進化しており、「デュアルコア、クアッドコア、オクタコアの順で進化している」特徴があります。
これはコア数であり、「CPU搭載数を意味するもの」です。CPU搭載数は、デュアルコアが2、クアッドコアが4、オクタコアが8となっていますので、オクタコアがハイスペックなのは当然のことなのです。
コア数が多い場合のメリットですが、「クロック周波数が低くても処理速度が上がる」メリットがあり、その影響で負荷の大きいゲームでも、サクサクプレイすることが可能になります。”

人気の「HUAWEI Mate 20 Pro」のデザイン

“HUAWEI(ファーウェイ)は、世界的に有名なインターネット事業を営んでいる大企業なのですが、スマートフォンの「HUAWEI Mate 20 Pro」などを通じて、その名を知らない人がいない状況となっています。
他のスマートフォンとの違いは、HUAWEI Mate 20 Proだけのデザインにも表れているとされています。例えば、HUAWEI Mate 20 Proはカラーが4種類用意されているため、好みのカラーを選択できるようになっています。
しかもHUAWEI Mate 20 Proのカラーデザインは、どれもシックで落ち着いているため、大人からも評判の高いデザインなのです。HUAWEI Mate 20 Proの人気カラーは「トワイライト」、「ミッドナイトブルー」となっているのですが、これらは明るめで艶のある青色となっているため、今でもその人気が続いております。
しかもHUAWEI Mate 20 Proは、6.39インチの大型スクリーン、ノッチ付き「OLED(有機EL)ディスプレイ」を採用しているのです。OLEDディスプレイは色彩豊かなことでも有名です。”

難しくない!「かんたんスマホ705KC」の魅力!

せっかく持つなら、長く使えるスマホに変えたいという方におすすめなのが、京セラの「かんたんスマホ705KC」です。一度買ったら長く使いたい、旅行先でも充電が持つものをお探しの方におすすめです。2600mAhあるので、一度充電すれば最大三日間長持ちします。もちろん使い方にもよりますが、インターネットで検索するくらい、普段はあまりスマホは使わないという方は電池切れを心配する必要もありません。加えて防水・防塵加工なので、いつでもどこでも安心して使える点が魅力です。年配者向けといったイメージがあるかんたんスマホですが、ここまで耐久性に優れていて充電も長持ちするので、長く使えるスマホをお探しの方にもおすすめです。文字が大きい分、ボタンも押しやすいですし、操作も簡単なのでお子様用にもおすすめです。ラインや音声検索といったツールは使いたいその日からすぐに使えるので大変便利です。これが京セラのかんたんスマホの魅力です。是非、購入を迷っている方、検討されている方は参考にしみてください。詳しくはこちら

ロケーション履歴で移動経路がバレる!?

“スマートフォンには便利なサービスが多いのですが、その中には、ロケーション履歴と呼ばれるものもあります。
ですが今では、ロケーション履歴のあり方が物議を醸すようになってきました。というのも、他人にロケーション履歴を見られてしまうと、どのような生活、プライバシーがあるのかわかってしまうからです。
補足となりますが、スマートフォンの多くはロケーション履歴に対応しているだけでなく、標準でロケーション履歴がONになっています。ロケーション履歴は、設定ページからGoogle、位置情報、Googleロケーション履歴の順で画面を開き、その後は、スイッチをOFFにする必要があるのです。
放置されていると、ロケーション履歴によって、「いつ、どこで、なにを」していたのかがわかってしまいます。ロケーション履歴は消去することも可能なので、最低限の履歴を残しておきたい人は、こまめに履歴を消去するようにしましょう。”

スマートフォンの「AQUOS mini SH-M03」

“三辺の狭額縁技術を採用したコンパクト設計で握りやすさを実現しており、更にはクリアな背面加工によって上質さも兼ね備えているスマートフォンが「AQUOS mini SH-M03」です。
このスマートフォンのカラーバリエーションはレッドとホワイトの2色が用意されており、ボディサイズは幅約66ミリ、高さ約126ミリ、厚さ約8.9ミリ、重さ約120gという薄型軽量コンパクトサイズです。
ディスプレイは約4.7インチIGZO液晶ディスプレイを搭載し、バッテリーは終日安心な2810mAh大容量バッテリーが搭載されています。
CPUはクアルコムのスナップドラゴン808ヘキサコアプロセッサでメモリはRAMが3GB、内蔵ストレージは16GBで、カメラはF1.9の明るいレンズを採用した約1310万画素のメインカメラと広角レンズがついた約500万画素のインカメラが搭載されています。
こうしたスマートフォンには、なぞるだけでスクリーンショットが撮れるクリップナウ機能が付いています。”

スマートフォンの「Blade V7 lite」

“高品質な薄型メタルボディと2.5D曲面ディスプレイで美しいフォルムを実現し、便利な指紋認証センサーナビや様々なジェスチャーで起動する機能などを搭載しているスマートフォンが「Blade V7 lite」です。
このスマートフォンのカラーバリエーションはブラック、シルバー、ゴールド、ホワイトの4色が用意されており、ボディサイズは幅約70ミリ、高さ約143ミリ、厚さ約7.9ミリ、重さ約135gという薄型軽量コンパクトサイズです。
CPUはMTK6735PクアッドコアプロセッサでメモリはRAMが2GB、内蔵ストレージは16GBで、バッテリーは安心できる2700mAh大容量バッテリーが搭載されています。
ディスプレイは2.5D曲面ガラスを採用した約5インチIPS液晶ディスプレイを搭載し、カメラはフラッシュライトがついた約800万画素のメインカメラと約800万画素のインカメラが搭載されています。
また、美肌や顔認識などの多彩な機能も付いています。”

4月分の特典が発表!無料会員プログラム「au STAR」の利点

「au STAR」は、会員になることで利用できる無料プログラムの1種です。
各キャリアでも対応している無料プログラムなのですが、auの場合は、KDDI、沖縄セルラーが実施している「三太郎の日」に対応しており、特典についても時期によって変化する特徴があります。そして今回は、auから4月分の特典が発表されました。
「三太郎の日」の概要となりますが、毎月3日、13日、23日に様々な特典がもらえるキャンペーンとなっています。4月の特典では、ファミリーマートで特典が提供されるようになっており、3日に無料プログラムを利用すると、鶏つくね串タレ(軟骨入り)が1本もらえます。13日に無料プログラムを利用すると、ファミリーマートコレクションのお茶600mlが1本提供され、23日であればからあげ串を1本もらえるようになっているのです。
補足となりますが、KDDIでは、5月、6月に対してもauスマートパスプレミアム会員向け特典を提供する予定があります。