「Galaxy S10(SCV41)」は本当に多機能?

“世界中で話題になっているSamsung(サムスン)のGalaxy S10(SCV41)ですが、以下のような特徴を持つハイスペックスマートフォンのため、販売前からかなりの期待を集めています。
まずGalaxy S10(SCV41)は、「CPUがSnapdragon855」となっているため、CPUでは最高水準のものが搭載されています。しかもGalaxy S10(SCV41)は、「トリプルレンズ、AI搭載カメラ機能付き」となっているため、話題の新機能を使ってみたい人にとっては、他では替えのきかないスマートフォンに仕上がっているのです。
また、現代のスマートフォンではお馴染みの「おサイフケータイ、フルセグに対応」しているため、一般的なスマートフォンの機能はすべて搭載されています。その他の機能では、「画面内指紋認証対応、保護フィルムの貼り付け、ワイヤレス充電」なども採用されているため、価格は高く、インカメラはシングルレンズの点を除くと、最高水準のスマートフォンとして評価できます。”

「HUAWEI nova lite 3」の性能アップは本当?

“スマートフォンの最新機種というと、新しい機種が出るたびに「性能アップを謳っている」ことが多いです。
そのため、パソコン、スマートフォンの性能をチェックする方法である、「ベンチマークスコア」を試す人も増えてきました。そんなベンチマークスコアでは、HUAWEI nova lite 3のような、驚異の性能アップに成功しているスマートフォンもあります。
HUAWEI nova lite 3は、ベンチマークスコアが12万超となっているため、同価格帯のスマートフォンの中ではトップクラスの性能となっています。しかもHUAWEI nova lite 3は、HUAWEI P20 lite、nova lite 2のベンチマークスコアが「8万台だった」ため、余計にそのことが評価されるようになっているのです。
その他のベンチマークスコアでは、CPU57135、GPU27423、US35791、MEM8595となっています。”

CPU「オクタコア」が選ばれている理由

“ミドルレンジモデル、ハイエンドモデルのスマートフォン選びで悩んでいると、ゲームアプリ、動画視聴、SNSなどインターネット利用がサクサクになる、「オクタコアCPU搭載」のものを選んだほうが良いとされていますが、こちらは概ね間違っていません。
CPUというとクロック数が気になるものですが、同時に「コア」にも注意したほうが良いのです。時代に伴いコアは進化しており、「デュアルコア、クアッドコア、オクタコアの順で進化している」特徴があります。
これはコア数であり、「CPU搭載数を意味するもの」です。CPU搭載数は、デュアルコアが2、クアッドコアが4、オクタコアが8となっていますので、オクタコアがハイスペックなのは当然のことなのです。
コア数が多い場合のメリットですが、「クロック周波数が低くても処理速度が上がる」メリットがあり、その影響で負荷の大きいゲームでも、サクサクプレイすることが可能になります。”

人気の「HUAWEI Mate 20 Pro」のデザイン

“HUAWEI(ファーウェイ)は、世界的に有名なインターネット事業を営んでいる大企業なのですが、スマートフォンの「HUAWEI Mate 20 Pro」などを通じて、その名を知らない人がいない状況となっています。
他のスマートフォンとの違いは、HUAWEI Mate 20 Proだけのデザインにも表れているとされています。例えば、HUAWEI Mate 20 Proはカラーが4種類用意されているため、好みのカラーを選択できるようになっています。
しかもHUAWEI Mate 20 Proのカラーデザインは、どれもシックで落ち着いているため、大人からも評判の高いデザインなのです。HUAWEI Mate 20 Proの人気カラーは「トワイライト」、「ミッドナイトブルー」となっているのですが、これらは明るめで艶のある青色となっているため、今でもその人気が続いております。
しかもHUAWEI Mate 20 Proは、6.39インチの大型スクリーン、ノッチ付き「OLED(有機EL)ディスプレイ」を採用しているのです。OLEDディスプレイは色彩豊かなことでも有名です。”