ドコモのオリジナルスマホ 評判は?

2017冬から2018春にかけての、ドコモの新製品や新サービスが発表される「docomoコレクション」が10月18日12時より開催されます。新製品が出ると旧モデルは値下げされる可能性が高いですね。2017年春夏モデルをおさらいしてみました。
昨年の冬春モデルとして発売された当時、その安さが話題となったドコモのオリジナルスマ―トフォン「MONO」。今季のコレクションで新作が出るのかも気になるところですが、発売からそろそろ1年。その評判や、実際のところ安いのかを、調べてみました。
機種変更でも一括648円で購入できるその端末代金の安さに注目が集まっていましたが、通話料や通信料を含めた実際の支払総額は、ほかのスマホのときと比べてどうなのでしょうか。たとえばドコモでは、一番安いプランでも通話料が1700円、パケット通信料が3500円(2GB)、SPモードの300円がプラスされるので月額およそ5500円となります。機種代金が安くても月々の基本使用量が高いイメージです。ネットでも、格安SIMの方が安いという評価が多くみられました。ドコモはどうしても通信料などの月額料金が高く設定されているので、機種だけが安いという理由での購入は検討の余地がありそうです。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>