エイサーのChromebook C720

エイサーから発売された「Chromebook C720」を実際に購入し、その使い心地などを書いた記事がネットに出ていました。このエイサーのノートパソコン、第3のパソコン用OSと言われているグーグルのOS、クロームが搭載されているそうです。ホント、実際にどのような使い心地なのでしょうか。クロームOSはアプリのパソコンにため込むことがないためパソコンが重くなることがなく、スマホやタブレット端末と機器を変えてもグーグルアカウントによって同じアカウントでログインが可能。いろんなデバイスで共有できるのは、確かに便利ですよね。また、データの保存はクラウドに。グーグルのオンラインストレージ、グーグルドライブに保存ができ、しかもChromebookを買った人は2年間は100GBを無料で使うことができるんです。しかも、メモリやストレージの容量が一般的なパソコンに比べて少ないので、低価格であることも魅力の一つのようです。

mixi提供の無料フォトブックサービス『nohana』

あのmixiが手掛けているオンラインストレージ・フォトブックサービス『nohana(ノハナ)』ってご存知でしょうか?nohanaの存在はテレビで放映されたりして知っていたのですが、mixiが提供しているとは知りませんでした。スマホ専用アプリであるnohanaの人気の秘密は何と言っても月一冊無料でフォトブックが作れちゃうことです。送料は負担しなければなりませんが、150円だし安いもんですよね。ちなみに二冊目以降は500円の印刷代がかかるそう。忙しいママでも簡単に写真をアップロードしたり、フォトブックの作製ができるようになっています。オンラインストレージ特有の共有機能もついています。自分のグループに家族を招待すれば写真の共有が可能になります。家族みんなで一緒にフォトブックを作製するのも楽しいですよね。それを遠方に住んでいるおじいちゃんおばあちゃんにプレゼントとして直接送ることも可能なんですよ。高画質仕上げなど有料のオプションもつけることが可能です。家族が繋がり合えるオンラインストレージnohana…これからも利用者は増えていくと思います。

独自サービスが利用可能!

モトローラのスマートフォンNexus 6が日本でも発売されることに。今月4日から予約受け付けが始まったそうです。ただ、日本国内でこのNexus 6を販売するのはワイモバイルだけ。あとはGoogle Playから直販で買うことしかできないようです。もしワイモバイルでNexus 6を購入した場合は、「パケットマイレージ」「Yahoo!ボックス」「Yahoo!ウォレット」などヤフーの独自のサービスを利用することができるそうです。パケットマイレージとはヤフーでの買い物やオークションなどでマイルを貯めるサービスのことで、Yahoo!ボックスとは30GBまで利用できるオンラインストレージサービスのこと。そして、Yahoo!ウォレットは、ヤフオクやそれ以外にも色んなサイトで使うことができる決済サービスのことです。つまり、ヤフーショッピングやオークションなどを日頃から利用している人にはかなり便利なのではないでしょうか。オンラインストレージサービスも、動画や画像などをたくさん保存しているけど、今一つ保存に不安がある人にピッタリ。また、スマホの購入の際にGoogle Playでは一括払いしかできないそうですが、ワイモバイルなら24回払いまでできるとか。ワイモバイルの方が幅広い人に喜ばれそうですね^^

坂田建設株式会社の『PrimeDrive』導入方法

SoftBankの法人向けオンラインストレージPrimeDriveは、安全なファイルの送付と共有ができるサービスです。そんなPrimeDriveを企業ではどのように活用しているのでしょうか?坂田建設株式会社もPrimeDriveを利用している企業の一つ。最初はタブレット端末の導入を検討したようですがセキュリティ面で許可が下りなかったそう。ですがPrimeDriveなら社内PCとタブレット間のデータ共有ツールのクラウドサービスなのでセキュリティ面も安全だと判断され導入を可能にしました。オンラインストレージならではの大容量のデータ保存が可能なので、紙の資料を廃止。図面やマニュアルだけでなく業務連絡資料や業績資料などあらゆるデータをPrimeDriveに格納。端末1台で現場への持ち運びが可能になり、しかも会議もペーパーレスで行うようになったのだとか。坂田建設株式会社は今後も更にPrimeDriveを積極的に活用し、現場業務の効率化を図っていく考えです。端末1台で現場の資料がすべて入っていて、情報の取り出しにも苦労しない…顧客を待たせることもないですし、何より現場にとってこれほど嬉しいことはないでしょうね。

ASUS MeMO Pad 8を12月5日に発売

ASUS JAPANが8インチのタブレットASUS MeMO Pad 8を今月5日から発売することになったそうです。このタブレット、クアッドコアCPUを採用したAndroid搭載端末で、IEEE802.11ac準拠の無線LANにも対応しているそうです。タブレットにしては?3色もあり、パールホワイト、メタリックブルー、パウダーピンクなど女性が好みそうな色合いですよね^^価格も税別で3万6800円前後とのことで、タブレット初心者にも手を出しやすいお値段になっているようです。でも、CPUにインテルAtom Z3560を採用。ディスプレイの解像度は1920×1200、2GBのメモリ、500万画素と120万画素のウェブカメラと機能的にも十分かと。そして、タブレットの画面を家庭用のテレビで楽しめることは勿論、オンラインストレージサービスも5GB分の永久無料版が付いてくるとのこと。保存場所に困っていた写真や動画もこのサービスがあれば安心ですね!

NTTコミュニケーションズが提供するBizストレージ eフォルダー

NTTコミュニケーションズが中小企業向けのオンラインストレージサービスの提供を開始しました。サービス名は『Bizストレージ eフォルダー』です。ファイルの共有や保管が出来る他に全文検索まで可能なオンラインストレージです。中小企業向けとあって低価格で安心が売りなのだとか。価格は基本料金700円で、1ID は月額150円、10GB は月額300円。しかもIDと容量を組み合わせたり従業員数や企画の規模によりプランを自由設計でき、それぞれの企業に合った最適なプランを作れるみたい。確かにこれは安いですね。臨機応変なプラン設定も中小企業向けであるように感じます。この価格でセキュリティ面は大丈夫なのかな?と心配になりますが…それは大手の通信事業会社であるNTTコミュニケーションズだから安心です。通信とファイルの暗号化、IPアドレス制限、ウィルスチェックなどが標準装備されているとかでセキュリティ面もしっかりしている模様。これなら企業も安心して使用できますね。

大塚商会の『たよれーる どこでもキャビネット』

オンラインストレージを選ぶ時のポイントは何でしょうか?個人ならば無料で保存できるバイト数でしょう。しかし企業が選ぶ時はそれだけで決めるのは安易過ぎますよね。仕事をしていく上で一番大切なこと。それはセキュリティ面やサービス内容です。大切なデータを保存するのですから当然です。それでは企業が求めるオンラインストレージとはどこが一番相応しいのか?今注目を集めているのが大塚商会が提供している『たよれーる どこでもキャビネット』です。特徴的なポイントはIPによるアクセス制限とアクセスログの長期保存ができることでしょうか。IDとパスワードだけでなくIPによる制限も加わることで外部からの不正アクセスに対処できますし、1年間分のアクセス記録がすべて保存されるから不審なアクセスを見落としません。そのうえ電話サポートまでついているとか。有償ですがこれだけセキュリティ機能が万全だと安心ですよね。コストよりも安全性やセキュリティを重視しているのが本当の信頼性のある企業なのだと思います。

iOS 8『iCloud Drive』登場

オンラインストレージといえばDropboxが人気が高いようです。初めて利用する時は2Gバイトしか使えないので他社と比較すると容量が少ないように感じられますが、大切なデータを保存しておくので信頼性が高いところが良いのでしょう。また他のアプリと連携できたり、オフラインでもファイルを使えるのでこれからオンラインストレージを使おうと思っている初心者さんには合っているかもしれませんね。iOS 8でもiCloud Driveが始まりました。新しいオンラインストレージということでしばらくは様子見をしている…という方も多いと思います。使い勝手や安全性など見極めなければいけないポイントはたくさんありますから。しかしiCloud Driveが巻き返してくる日はそう遠くないはず。Dropboxも今の人気に見合うようなサービス向上を目指していって欲しいものです。DropboxやiCloud Drive、他社含めオンラインストレージの激戦は始まったばかりなのです。

3万円近くが無料に!

Googleでは、オンラインストレージのChromebook購入者向けのボーナス容量を1TB増やすことを発表したそうです。もともとこのオンラインストレージサービスにおいて、「Googleドライブの追加容量として1TBを購入する場合は、月9.99ドル(約1180円)が必要。」だったそうですが、アメリカはこれからホリデーシーズン。この時期のために1TBの特典を設けたそうなんです。太っ腹ですね^^月に1180円ということは、24ヵ月で約2万8000円ほど。1ヵ月で1000円以上安くなるのは、心理的にかなり効きそうですね^^ただし、この特典をもらうためには来年の1月1日までにChromebookを有効化すること。そして自分のGoogleアカウントを登録しなければならない、ということが条件です。そしてそして・・、これはあくまでアメリカのホリデーシーズンに合わせて・・ということであるため、この特典が日本でも有効かどうか、これは今の時点では解らないそうですのであしからず^^

フレッツ・あずけ~ると連携

動物の本来の姿を間近で見られることにしたことで、集客力を大きくアップさせたことで知られる旭山動物園。この動物園の園内の様子が24時間、スマホから見ることが可能となったそうです。動物好き、そして旭山動物園ファンの人にはとても嬉しいサービスとなりましたね^^このスマホ向けサービスの名称は「Live Zoo In あさひやま」というもので、旭山動物園のコンセプト「命の輝き」に共感した元テレビ番組のプロデューサーが、以前の取材をきっかけにこのサービスを思い付き、旭山動物園の園長に申し出たんだそうです。これにより、園内に6つのライブカメラを置き、動物目線であったり水中の様子の動物たちを楽しめることが出来るんですって♪動物目線の世界って、私たちが見ている世界とはちょっと違うんでしょうね。このサービスにはNTT東日本のオンラインストレージサービス、「フレッツ・あずけ~る」が連携しているため、録画も可能。私たちは好きな時に好きな場面を何回も観れる、というサービスも利用することができるそうです。